離地時に「かかとが高くなる原因と対処法」について

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 20:00

JUGEMテーマ:競歩.ウォーキング.など

 

こんばんは、山田です。

 

 

 

しばらく更新が滞ってしまいましたが、しっかりと更新していきます。

 

 

 

先週は石川県の輪島市にて輪島競歩大会が開催されていましたね。

 

 

 

私は出場していませんが、好記録が連発しておりましたので結果と内容を少し紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

男子50kmWは鈴木選手が日本新(3時間39分07秒)で優勝

 

 

 

 

20kmWの世界記録保持者である鈴木選手が優勝しました。

 

 

 

今まで何度か50kmの試合には出場していたものの、今回が初50km完歩だったということで、これは衝撃的でしたね。

 

 

 

今大会で標準記録を突破し、優勝した鈴木選手は2019ドーハ世界選手権の代表に内定しました。

 

 

 

直後のインタビューでは、「20kmのプライドもあり、今回の世界選手権出場についてはまだ検討中」と話されていましたが、昨日、50km出場を決断された模様ですね。

 

 

 

 

 

 

個人的には、鈴木選手が50kmWの選手として活躍される姿にも期待したいなぁと感じていましたので、全力で応援させていただきたいと思います^^

 

 

 

女子50kmは渕瀬選手が日本新記録(4時間19分56秒)を樹立

 

 

 

女子は20kmWの日本記録保持者である渕瀬選手が日本新記録を樹立しました。

 

 

 

今大会の女子50kmWはオープン種目となっており、順位はつきませんが、トップでフィニッシュした渕瀬は今大会の記録で20kmと50kmの2種目で日本記録保持者となりました。

 

 

 

これまた、20kmの選手が50kmでも通用する、という1つの例になったのではないかと思います。

 

 

 

やはりトップで戦うためには、「20kmはスピード、50kmは持久力」と決めつけ、それに徹するのではなく、20kmにも持久力が必要であり、50kmでもスピードが必要である、ということが今回の結果から示唆されたように感じます。

 

 

 

男女ともに日本記録が出るという素晴らしい結果でしたね。

 

 

 

多くの有力選手が50kmW代表の残り1枠を争うことになり、記録的にも非常にレベルの高い大会になったことが予想されます。

 

 

 

今年、ドーハにて行われる2019世界選手権が非常に楽しみでなりませんね^^

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

今日は、質問箱にあった質問への回答をしたいと思います。

 


 

 

 

かかとが高くなる部分は主に2つあり、その部分として、

 

 

 

・接地時にかかとが高くなる場合

・離地時にかかとが高くなる場合

 

 

 

の2パターンがあります。

 

 

 

おそらく質問者さんは、後者であると考えられますので、今日は「離地時にかかとが高くなってしまう場合」の原因と対処法についてお話ししていきたいと思います。

 

 

まず、離地時にかかとが高くなってしまう原因として考えられるのは主に以下の2つです。

 

 

 

〜以への降り出すタイミングが遅い

▲ック動作

 

 

 

1つ目は、前方への振り出すタイミングが遅いことです。

 

 

 

体重を足で支持する際に、足が後方へ残りすぎてしまうことが原因でかかとが高くなってしまう動作です。

 

 

 

競歩動作において、足を後ろに残す動作はもちろん大切ですが、残りすぎても逆に良くありません。

 

 

 

ですので、ある程度体重を支え、地面を押し出すことができたら、長々と足を後ろで支持しているのではなく、早々に前方へと振り出すことが重要です。

 

 

 

振り戻すタイミングとしては、足と地面が垂直になったラインを少し超えた辺り(下図参照)になるかと思います。

 

 

 

 

 

 

このタイミングか、もう少し速いタイミングで足を前方に振り出すことができれば、かかとの高さを抑えられるのではないでしょうか。

 

 

 

ただ、あまりにも振り戻しが早ければ、小走りのような歩きになってしまい、浮き動作となってしますので、自分の感覚と外側から見たフォームの擦り合わせが不可欠になります。

 

 

 

2つ目はキック動作です。

 

 

 

やはり、ランニング動作同様、足が離れるタイミングでキック動作(つま先で押す)を入れてしまう選手が多いように感じます。

 

 

 

ペースを上げようと思うと、どうしても足や足首に力が入ってしまい、キック動作が入ってしまうのではないかと見ています。

 

 

 

当ブログでは、何度もキック動作不要論(「足首に力が入っていないか?」)を説いておりますが、というのもやはり、キックしてしまうとかかとが高くなり、浮きの違反を取られてしまうだけでなく、エネルギー効率性の視点からみてもあまり効果的でないことから、キック動作は極力抑えるべきです。

 

 

 

では実際にどうすればいいか、ということについては脱力のタイミングを理解する(「支持動作における筋の緊張と脱力について」)ことや、反発のあるポイントとその力を推進力に変換する方法(「地面から受けた力を推進力に変換すること」)あたりが参考にしていただきつつ、脱力のタイミングを理解することがポイントになるのではないかと思います。

 

 

 

あとは、速いペースに体(動作)を合わようとすると、キック動作や力づくでペースを維持しようとしてしまいますが、体(動作)にペースを合わせ、徐々にその動作の質を上げていくことによって速いペースでも動きが崩れない(キックしない)ように適応していく、というやり方も私が好んでしている手段の1つです。

 

 

 

で、実際にどのような練習をすればいいか、という質問の答えについては、フォームが崩れない(キックや力みが出ない)範囲の中で練習を行い、その範囲を徐々に広げていく(技術を高める)ことが、浮き動作を取られないようにする最良の手段なのではないかと思います。

 

 

 

今回の「離地時にかかとが高くなってしまう原因と対処法」の要点をまとめると、

 

 

 

仝彊は「支持足の残り過ぎ」か「キック動作」

対処法は「脱力」と「タイミングの把握」

「日頃の練習の意識付け」と「フォームをコントロールできる範囲での練習を行うこと」が重要

 

 

 

以上参考にしてください。

 

 

 

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

 

 

 

◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

 

 

 

↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM