<< 指導者がいない場合にフォームの良し悪しを確認するには? | main | 正しい練習強度の上げ方について >>
2020.05.14 Thursday

競歩の恥ずかしさ対策のための7つのテクニック

0

     

     

    こんばんは、山田です。

     

     

    今日も質問箱の質問に回答していきましょう。

     

     

     

     

    これは気持ちがわかりますねー。競歩選手なら誰もが一度は感じたことがあるのではないでしょうか?

     

     

    やはり競歩の動作って独特だから目立つし、周りの人から結構見られがちで恥ずかしかったりするんですよね。笑

     

     

    私も高校生の頃なんかは、「なるべく人目のつかないところでやりたいなー」と思ったりもしていました。笑

     

     

    そんなこんなで色々と感じながらこれまで10年ほど競歩を続けてきた私ですが、私なりに編み出した「恥ずかしさ対策」を少しジョークを交えながら語って参りたいと思います。笑

     

     

    ,修發修發修鵑覆妨ていないし、覚えていない

     

     

    まず1つ目は、みんなそんなにあなたを見てないよーってことです。笑

     

     

    例えば、近くの駅で知らない人がナンパしているのを見かけたとして、「あー、あいつナンパなんかしてるよ笑」と思って一度は見るかと思います。

     

     

    しかし、10秒も経てば、あなたはもう忘れています。

     

     

    長くても30秒覚えていれば良いところではないでしょうか?

     

     

    みんなの頭の中は、他人のことをずっと覚えているほど暇じゃないんですね。笑

     

     

    ここで一句。

     

     

    「大丈夫 思っているほど 見てないさ」

     

     

    挨拶しちゃう

     

     

    これは私がよくやることなんですが、すれ違った人に挨拶しちゃう、というテクニックです。

     

     

    最初は勇気が必要で、少し難しいかもしれませんが、思い切ってすれ違った小学生やおじいちゃん、おばあちゃんに挨拶をしちゃいます。笑

     

     

    意外にも反応良くて、笑顔で挨拶を返してくれますよ。

     

     

    変に「見られている!」と意識して、恥ずかしそうに歩いているから余計注目されてしまうのです。

     

     

    堂々としていれば良いんです。

     

     

    また、同じ道を何度も歩いていたら周りの人も見慣れて、「今日も元気よく歩いてるね!」とあなたのことを応援してくれるかもしれませんよ^^

     

     

    7覯未鮟个擦侈曚

     

     

    3つ目は、結果を出してしまえば笑う人はいなくなる、ということです。

     

     

    競歩を始めたばかりの頃は、競歩をしている自分を見て、笑っている人もいました。

     

     

    しかし、試合で結果を出し、朝礼などで表彰され続けていくうちに、笑う人は誰一人としていなくなり、さらには応援してくれる人が増え、笑っていた人たちが羨望の眼差しに変わっていくのを感じました。

     

     

    「今、結果を出せてなくて悔しい」と思っているのならば、結果を出して見返してやりましょう。

     

     

    当ブログでは、みなさまが結果を出すためのお手伝いをさせていただきます。

     

     

    っかと一緒にやる

     

     

    やはり一人で練習していると、他人の目が自分ばかりに注目して恥ずかしい思いが増幅します。

     

     

    なので、誰かと一緒に練習してみましょう。競歩選手で一緒に行う人がいなければ、ジョグで隣を走ってもらったり、仲の良い友達に、自転車でついてきてもらっても良いと思います。

     

     

    そうすると、少しは和らぐと思いますし、会話しながらであれば、周りの目も気になりません。

     

     

    ゥ肇譟璽縫鵐阿靴討い訖佑多いところ、もしくは誰もいないところを探す

     

     

    競技場や河川敷といったところは、市民ランナーや選手が数多くトレーニングをしています。

     

     

    その中に混じって自分の練習してみる、という作戦も1つの手です。

     

     

    みんなそれぞれのトレーニングをしているので、その中の一人だと思えば、恥ずかしさが少しは和らぐと思います。

     

     

    また、人通りが少ないとこもいいと思いますが、都会に住んでいる人や近くにそういった場所がない選手はなかなか難しいと思います。

     

     

    私は、家の近くにある河川敷を歩いていますが、近くにこういった場所があれば、比較的安全で人通りの少ないところを探すのも良いでしょう。

     

     

    ただ、冬場の暗くなりやすい時期は、場所を変えるなど少し工夫して行う必要があります。

     

     

    Χナ發寮訶舛鬚靴討い襪隼廚

     

     

    言わずもがな、競歩という競技はまだまだマイナー競技です。

     

     

    ですので、「俺が競歩の宣伝をしているんだ!」という自負を持って練習してみるのも良いかも知れません。笑

     

     

    Д瓮鵐織襯肇譟璽縫鵐阿世隼廚

     

     

    いっそのこと発想を転換して、メンタルトレーニングだと思ってみることです。

     

     

    というのも、「恥ずかしいことに慣れること」って大人になってから結構重要だったりします。

     

     

    大人になると、みんなの前で恥をかくことに恐れて、何も行動を起こせない人って意外に多いんですよねー。

     

     

    個人的な意見ですが、みんなの前で堂々と恥かける人ってカッコよくないですか?

     

     

    ここで一言。

     

     

    「私はそんな人間になりたい。」

     

     

    以上、「競歩の恥ずかしさ対策のための7つのテクニック」でした。

     

     

    いかがだったでしょうか?普段は論文とか真面目な記事ばかりだったので、たまにはこういった記事もありかなーと思い色々と書いてみました。笑

     

     

    以上、参考(程度)にして下さい。

     

     

    現在、オンラインタイムトライアルの参加者を募集しております。

     

     

    ↓詳細な内容についてはこちら↓

     

     

     

     

    ぜひご参加ください。

     

     

    では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

     

     

    ★みなさんの「いいね、リツイート、シェア」がいつもモチベーションになっています!!★

     

     

    ◎ご意見、ご質問、ご要望は「質問箱」よりお願いします。

     

     

    ↓応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします↓

    にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

    クリックしたあと、一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM