IH前に私が考えていたことの話

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 20:59

 

 

先週あたりから県IHが各地で行われているようですね。

 

 

 

 

全国への「第一の壁」になる人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

この時期、高校生は気合いが入り、かなり繊細になっている時期かと思います。

 

 

 

 

今日は、私が高校3年のこの時期に考えていたことについて話したいと思います。

 

 

 

 

私が高3の時のこの時期は、

 

 

 

 

どうやったら強くなれるか?

 

 

 

 

ということを常に考えていました。

 

 

 

 

通学時間や授業中、練習中はもちろんのこと、家に帰りベッドに入ってからも

 

 

 

 

ひたすら自分に問い続けていました。

 

 

 

 

どうやったら強くなれるんだ?と。

 

 

 

 

とにかく、強くなりたかった。

 

 

 

 

何としてでも、強くなって全国に行きたかった。

 

 

 

 

ただただ、その思いが強かったのだと思います。

 

 

 

 

部活の時間だけでなく、生活のすべての時間を

 

 

 

 

「競歩について考える時間」

 

 

 

 

に費やしていました。

 

 

 

 

練習以外の時間では、競歩のことについてひたすら考え続け、

 

 

 

 

いざ練習となれば、イメージしていたことやひらめいたことを即実践する、

 

 

 

 

上手くいかなかったら、また別のいい方法はないかと考える・・・

 

 

 

 

という毎日でした。

 

 

 

 

自分でも、あの頃の自分自身には

 

 

 

 

「頭おかしいんじゃないか?」

 

 

 

 

と思うほど競歩に憑りつかれていました。笑

 

 

 

 

しかし、今ではこの「練習中以外の思考」こそが成長につながっていたと感じています。

 

 

 

 

今では、あれほど考えることはなくなりましたが、

 

 

 

 

「どうやったらより良い歩きができるだろう」という意識は今でも持ちながら練習に取り組んでいます。

 

 

 

 

もし、競歩について考える時間が少なくなってしまっているなー

 

 

 

 

と感じる人は、今一度、競歩に向き合う姿勢を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

では本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

応援して下さる方は、この2箇所を1日に1回ずつクリックお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

クリックしたあと、ランク一覧の中からもう一度山形競歩ブログを押してね。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM